芸能プロダクションに送る履歴書の書き方


芸能プロダクションのオーディションに合格するための
履歴書の作り方

★まずはオーディションの書類審査を通過しよう!

本人はマズマズと思っていても、オーディションの書類審査
で落とされてしまっては自分自身を評価してもらうことがで
きませんね。

芸能プロダクションの面接で自分をアピールするためにも書類
審査を通過しなければならないのです。そのためにも履歴書の
作り方は重要となります。

また、履歴書は二次審査での基礎資料となりますので、事実と
異なる記述は止めましょう。

履歴書と面接での受け答えに食い違いがあると、それだけで
芸能プロダクション側から見たあなたの評価はぐっと下がって
しまいます。履歴書は正直に書く方がよいでしょう。

★オーディション用紙を使いましょう!

芸能プロダクションでオーディションの応募用紙が指定されて
いる場合は、その用紙を使いましょう。

「履歴書またはオーディション用紙」という記載があった場合は、
履歴書ではなく「オーディション用紙」を使用しましょう。

芸能プロダクション側で特に指定がない場合も「オーディション
用紙」を使用しましょう。

オーディション用紙には、芸能界で活動する時にプロフィール
となる項目があらかじめ印刷されています。これまでのレッス
ンの経験、身長、スリーサイズなど、一般的な履歴書では記入
しない事項が多く含まれています。

特に身長は、他のキャストとのバランスがあるため、たいへん
重要な判断項目となっています。

また、保護者の同意欄は重要です。特に未成年者の場合、芸能
プロダクションのオーディションに合格しても家族の反対などで、
折角の採用が取消しとなる場合もあります。

芸能界に入るということについて、家族の理解、承諾が得られる
ようにしておきましょう。
【プロダクションに履歴書を送ろうの最新記事】
posted by agency01 at 16:00 | プロダクションに履歴書を送ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。